スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

秋ですね~!

高校野球・オリンピックが終わり、24時間テレビが終わり、パラリンピックが終わり、朝夕めっきり涼しくなりましたね~。
本当に月日が流れるのは早いと実感する毎日です。
最近は、ずっと先送りにしていた、お世話になった方々へのご挨拶(ただ遊びに行ってるだけ)等をちょこちょここなせるまでに落ち着き、なんだかんだと忙しくしております。
先日お邪魔した皆様、たらふく食べて飲んでしゃべって騒いで帰って本当に申し訳ございません!コレに懲りず、また遊びに行かせて下さいませ。。。^_^;

そして今日は、真リリンの同級生(育成室)のママ達&先生との飲み会、いえいえ『淑女の集い』へ参加してきました!
総勢17名、皆さん今年度からクラスが分かれたり、幼稚園に通うようになったりで、なかなか会ってない方も多かったのですが、そこはいろんな事を協力して乗り切ったママ友!久しぶりに真リリンのお友達の近況他興味深いお話が聞けて、本当に楽しかったです。

幼稚園に通うようになった子のママからは、幼稚園に通って良かった事や辛かった事等を伺ったのですが、その子の通う幼稚園は障がいを持ったお子さんに対するケアが充実しているらしく、先生も保護者の方も理解があり、本当に通ってよかったとおっしゃっていました。
初めての通園の際に『こわ~い!』と子供らしいちょっと残酷な事を言っていたお子さんが、今では一番そのお子さんの面倒を見てくれる様になっている・・・とか、『なんでしゃべれないの?』という質問を親の自分が『なんでなんだろうね~?』位しか返答できなかったのに、先生はとっても上手にその子に説明していた・・・とか、なんだか私の方が嬉しくなる話も聞けました!
というのも、別の機会に会った別の保育園に通うママ友からは、『なぜこの子だけ特別扱いなの?』と心ない他のママからのバッシングに耐えていると聞いていたからです。『小さい子の方が、すぐにその子の状態を“あっ、そういう子なんだ~”把握して、素直に付き合ってくれる。でも心無い保護者が変な先入観を与えてしまうと、そうではなくなって・・・。』という話に、心が痛くなりました。

思いやりの心の薄れている今日この頃、“手助けの必要な子に手を貸してあげる”という当たり前の事を、小さいうちに家庭や幼稚園とかで普通に教えてあげたら、ぜんぜん変わってくると思うんですけどね・・・。

今回の飲み会は真リリンとぽかぽか(グループリハ)からずっとお友達だったT君のお引越しに伴う送別会が主題だったのですが、そのお友達の引越し先は実は真パパの実家の近く!なので、これからも帰省の度に会えそう♪
真リリンの繋げてくれた出会い、これからも大切に育てて行きたいと思います!
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。