スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

初ボランティア活動

以前から、何か自分達にできる事は無いのか模索中だったのですが、今回初めてボランティアに参加してきました。
ネットで検索していて、ずいぶん前から知っていたNPO法人の活動で、内容は『発達障害児デイサービス』、放課後から17:30頃まで、障がいのある子供達と一緒に遊ぶというボランティアです。
ちびっ子達と一緒に遊ぶのなら私にもできるし、また、元気ももらえるかもと思って、以前から参加したいと思っていたのすが、ただ、いろいろな事を思い出し、途中見苦しい姿を見せて迷惑をかけてはと思い、今までは参加申し込みできませんでした。
が、だいぶ精神的に自信ができてきたので、今回初参加!
しかし、内容は別な意味で、散々な結果で、お恥ずかしい限りです・・・^_^;

というのも、自分が思っていたより、参加児童の年齢が高く、一番多い層は高校生で、ついで中学生、小学生、しかも男の子が多く、その日私が担当した子は、私より縦横大きい元気な15歳の男の子。
3歳児までにしか対応した事のない私には、何もかも初体験で、公園や歩道では、急に走り出す男の子を炎天下、ずっとおっかける始末。正直、びっくりする位ハードでした(苦笑)
ここのサークルは、お出掛けが多く、この日もバス&電車を乗り継ぎ、ちょっと遠くの公園までお出掛けをします。公共のルールを学び、交通機関に慣れるというお勉強も含めての活動で、とても意義のある活動だと思います。
ただ私が力不足というか、大きいお子さんと接した事の少ないので、どこまでお手伝いした方が良いのかよく分からず、一人出させるべきところを手伝ったり、注意した方が良いことを注意できなかったり、甘やかし過ぎてる所は、職員の方にかなりフォローして頂きました。
また、言葉がうまく話せないお子さんだったのですが、必死にコミュニケーションしてくれているにもかかわらず、違う返答をしていた様な気がして、だいぶ混乱させてしまったかもと、ちょっと心配…。
(例えば、『ここは学校?』っていう問いに対して、『ここは目的地です?』と問われていると勘違いし、『目的地までもう直ぐです』と返答をしていたかも・・・^_^;)
NPO職員の方の他に、近くの福祉系専門学校の学生さんが4.5人いらしてたのですが、その方達の方が、よっぽど大人で、自分の力の無さにショック&大反省でした。

次回は、精神的にというより、体力的にもう少し自身をつけてから、参加させて頂こうと思っています(苦笑)

でも、無邪気に元気に笑う子供達の姿は、本当に素敵ですね!
本当に疲れましたよ! しかし、とても楽しかったし、気持ちの良い汗でした♪
スポンサーサイト
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。